APEC異文化交流

「APEC第3回高級実務者会合」が仙台で開催されたため
APEC参加者が海外から仙台市へやって来ました。

彼らに日本の伝統的な文化を体験してもらうイベントが
APEC開催期間中にいくつか行なわれました。

日本文化紹介は、APEC会場である「ウェスティンホテル仙台」25階で
茶道部の大学生によって行なわれました。

大学生がたてたお茶が振舞われると、お茶をたてる体験を
希望した参加者もいました。

仙台にゆかりのある“七夕”にちなみ、願い事を短冊に書いて
笹に結ぶ風習も紹介しました。

会場を訪れた外国人たちは、茶道具やお茶をたてる様子や
笹飾りにとても興味を示しました。

写真を撮ったり、お茶を自らたててみたりして
日本の伝統文化と触れ合っていました。

9月19日には、八木山動物公園で「アジア・太平洋地区のどうぶつたち」
というイベントが行なわれました。

これは、APEC加盟国に由来する動物を紹介するイベントで
APEC地域出身の留学生が故郷の紹介をしたり動物のガイドをしたりしました。

9月17日から21日には、APECの参加者に仙台地域の魅力を伝えようと
「エクスカーション」が実施されました。

仙台市内の史跡を訪れるコース、松島見学コース、
プロスポーツの試合観戦を行なうコースなどがあり
参加者は仙台のさまざまな魅力に触れることができました。


タグ:APEC 仙台 七夕
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。