APEC給食

「APEC第3回高級実務者会合」の仙台開催を記念して
実施されたイベントを紹介します。

仙台市内の小・中学校では、“食”という身近な観点から
世界へ目を向けてもらおうという試みが行なわれました。
APEC加盟国にゆかりのある料理を給食に提供する「APEC給食」が
実施されました。

9月7日に愛子小学校で行われた「APEC給食」には
仙台市長が訪問しました。
市長はメキシコ料理“タコス”がメインの給食を
6年4組の子どもたちと一緒に食べました。


なじみのないタコスに子どもたちは苦戦して食べていましたが
メキシコについて校内放送で学んだり市長と談笑したりして
とても楽しい時間を過ごせたようです。

9月12日には、APEC加盟国・地域出身の方々との交流会が
仙台国際センターの交流コーナーで行われました。

当日は外国人と仙台市民が、それぞれの文化や暮らしについて話し
和やかな交流会となりました。

会合期間中には、APECの会場となる「ウェスティンホテル仙台」の
1階入口脇スペースで、パネルで仙台を紹介する展示会が行われました。

仙台藩祖「伊達政宗公」の甲冑レプリカも展示され
APECの参加者に仙台の産業や観光などの魅力を伝えることができました。


ホテル1階には「インフォメーションデスク」を設置して
学生などのボランティアスタッフによって
仙台や周辺地域の観光やイベントの情報など
滞在に便利な情報が数多く提供されました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。